MSG研究会について

研究会会則

名称および事務局

  • 第1条
    本会は和名を日本Metallic Stents & Grafts研究会、英名をJapanese Society of Endoluminal Metallic Stents & Graftsと称し、日本血管造影・インター ベンショナルラジオロジー学会と密接な関係をもつものとする。
  • 第2条
    事務局は奈良県立医科大学放射線医学教室内に置く。

目的

  • 第3条
    本会はmetallic stentに関する学術の進歩と知識の普及を計ることを目的とする。

事業

  • 第4条
    1. 研究会を年一回開催する。また、研究会の独自性を失わない形で日本血管造影・IVR学会と併催する。
    2. その他本会の目的を達成するために必要な事業
    3. 「Metallic Stentの現況と進歩」誌はIVR誌のサプリメントとして掲催費用を研究会で負担して発刊する。

会員および役員

  • 第5条
    正会員・・・本会の会員は本会の目的に賛同する者とする。
  • 第6条
    賛助会員・・・本会の目的に賛同し、その事業を援助する団体および法人とする。
  • 第7条
    本会は役員として代表幹事1名、幹事若干名、顧問、世話人(内当番世話人 1名)、名誉会員若干名を置く。代表幹事は幹事の互選とする。役員の任期は2年とし、再任、重任を妨げない。名誉会員は幹事、世話人で定年退職した者で、幹事会、世話人会の承認を得た者とする。

研究会、世話人会および幹事会

  • 第8条
    研究会例会、幹事会、世話人会は代表幹事が招集し議長となる。開催地、期日は幹事会で定め、世話人会で承認をとる。

会計

  • 第9条
    本会の経費は研究会参加費、賛助会費、補助金その他をもってこれに充てる。
  • 第10条
    会計年度は毎年1月1日に始まり12月31日に終わる。
  • (付則)
    1. 本会則は平成15年5月15日より改訂施行する。
    2. 本会則は施行および変更についての細則は幹事会、世話人会の議を経て別に定める。
  • (細則)
    1. 第6条の賛助会員は会費一口(年額 100,000円)以上とする。賛助会員の決定については事務局より提案し、幹事会、世話人会の議を経て了承を得るものとする。